プログラミング教育とは?必修化にあたり内容を解説

プログラミング教育とは?必修化にあたり内容を解説

いよいよ2020年度から小学校で、2021年度からは中学校でプログラミング教育が必修化となります。

プログラミングというとITエンジニアであれば知っている、あるいは習得している技術ですが、パソコンほとんど触ったことがないパパママにとっては未知のものかと思います。

「プログラミングのことで子どもから質問されたらどうしよう?」

そんな不安をお持ちであれば当ブログをじっくり読んでいただきたい(笑)ところですが、ここでは子どもが学習することになる文部科学省が進めていくプログラミング教育について解説します。

プログラミング教育へ向けての対策

子どものために今から私たちパパママは、プログラミング教育への対策を何か取り組んだほうがよいでしょうか?

いいえ、特に何もする必要はありません。

なぜなら具体的な授業の内容がまだ明確になっていないからです。授業の内容は学校ごとに自由に実施して良いことになっており、プログラミングに詳しくない先生にとっては何をすればよいか模索している状態でしょう。

ただし、先程何もする必要がないと述べましたが、授業には関係なしにプログラミング教育に取り組むことで、論理的思考力が身につき、今後に役立つことは間違いありません。

  • 問題解決能力の向上
  • プレゼン能力の向上
  • プログラミング能力の向上

詳しくは当ブログの「論理的思考とは?プログラミング能力を高めたい方は必須」 をご覧ください。

プログラミング教育を導入する背景

ITエンジニアのようなプログラミングをする仕事は以前からありました。中学校・高校でも多少はプログラミングの授業があリマした。

では、ここにきて小学校から必修化することになった背景は何でしょうか?

文部科学省から発信されている「小学校プログラミング教育の手引」ではこのように記載されています。

コンピュータを理解し上手に活用していく力を身に付けることは、あらゆる活動においてコンピュータ等を活用することが求められるこれからの社会を生きていく子供たちにとって、将来どのような職業に就くとしても、極めて重要なこととなっています。諸外国においても、初等教育の段階からプログラミング教育を導入する動きが見られます。

引用元:文部科学省 小学校プログラミング教育の手引

ポイントは2つあります。

  • 生活および仕事においてコンピュータを使うことはもはや当たり前となっている
  • 諸外国にプログラミング教育で遅れをとっている

とくに近年GAFA[Google、Amazon、Facebook、Apple]といった外国企業に市場を独占されていることが大きいでしょうね。

プログラミング教育の目的

国としてプログラミング教育を推進することになるのですが、目的は何でしょうか?

詳細は同じく文部科学省から発信されている「小学校プログラミング教育の手引」に記載されていますが、簡単にまとめるとこのようになります。

  • コンピュータを活用して問題解決能力を育むこと
  • プログラミング的思考を育むこと
  • 各教科等でのより深く理解することができる能力を育む子こと

プログラミング教育を通して、日本のIT人材を増やすことも目的としてありますが、あくまでも論理的思考力などの資質・能力を育成することが最大の目的であって、プログラミングスキルを身につけることではありません。

プログラミング教育で実施していくこと

実際にプログラミング教育ではどのようなことを実施していくのでしょうか?

先程解説しましたが具体的な学習内容はまだ決まっていませんが、学習事例として以下が取り上げられています。

  • 学習指導要領に例示されている単元等で実施するもの
  • 学習指導要領に例示されてはいないが、学習指導要領に示される各教科等の内容を指導する中で実施するもの
  • 教育課程内で各教科等とは別に実施するもの
  • クラブ活動など、特定の児童を対象として、教育課程内で実施するもの

基本的には「プログラミング教育」という専門の教科ができるわけではなく、国語・算数・理科・社会といった今ままで実施している強化の学習カリキュラムの中にプログラミング教育の要素が入ってきます。

プログラミング教育だけの時間を確保して学習する場合は、Scratch【スクラッチ】のようなビジュアルプログラミング言語を用いることになります。プログラミングの楽しさや面白さ、ものごとを成し遂げたという達成感を味わうことにつながることが期待されます。

プログラミング教育の問題点

現時点でプログラミング教育の問題点は何があるのでしょうか?

  • 具体的内容は決まっていない
  • 児童一人一人にICT機器が行き渡るのか
  • 教員が教えることができるのか

一つずつ解説していきます。

具体的な実施内容は決まっていない

方針は国から提示されましたが、具体的な実施内容については学校ごとにおまかせするといった方針となっています。まだ前例がないため、学校側が現在いろいろと模索している状態でしょう。

プログラミング教室といった学校外で実施されている機関については、教える方あるいは経営者が元々ITエンジニア方面の仕事に従事している方が多い傾向があります。そのため経験に基づいた教育が実施されています。

このような有識者と検討を重ねながら、プログラミング教育をどのようなやり方で取り入れていくのかが決まっていくでしょう。

児童一人一人にICT機器が行き渡るのか

Scratch【スクラッチ】といったプログラミング言語を用いて教育をしていくのであれば、パソコンやタブレットといったICT機器が必要になります。

理想としてはもちろん一人一台のICT機器を利用することができることです。

文部科学省から発信されている「ICT環境の整備方針」はこのようになっています。

・学習者用コンピュータを3クラスに1クラス分程度整備

・普通教室における無線LANの100%整備

・超高速インターネットの100%整備

引用元:文部科学省 ICT環境の整備

現時点では大多数の学校において目標とする水準に達しておらず、また地域によって格差があるとのことです。

早急な整備が待たれるところです。

教員はプログラミングを教えることができるのか

元々プログラミングを経験した上で教員になった方はほとんどいません。

保護者から当然不安な声が出るのも当然ですが、教員側も同様に不安の声が出ています。

  • プログラミングを教えることができるのか
  • 準備をどのようにすればいいのか

こうした不安を少しでも解消していくために「未来の学びコンソーシアム」という組織ができました。

文部科学省・総務省・経済産業省が連携して、教育・IT関連の企業・ベンチャーなどと共に、「未来の学びコンソーシアム」を立ち上げ(平成29年3月9日設立)、多様かつ現場のニーズに応じたデジタル教材の開発や学校における指導に向けたサポート体制構築を推進。

引用元:未来の学びコンソーシアム コンソーシアム組織

このサイトでは、教員の不安を少しでも解消すべく、教育の実施事例が紹介されています。ここを参考にし、実際に授業でプログラミング教育をしていくことで、よりよい教育がなされていくでしょう。

まとめ

文部科学省が進めていくプログラミング教育について解説しました。

プログラミング教育の方針は素晴らしいのですが、まだまだ課題が山積みの状態です。

子どもたちの未来のためにも早く整備をお願いしたいところですね。