Scratch【スクラッチ】って何?初めて知る方に向けて解説

Scratch【スクラッチ】って何?初めて知る方に向けて解説

小中学生向けのプログラミング教育でよく「Scratch【スクラッチ】」という言葉を聞きますが、みなさんご存じでしょうか?

すでにプログラミング教育をしているパパママ、あるいはプログラミングを仕事で活用している方であれば、少なからず言葉ぐらいは聞いたことがあるかと思います。

Scratch【スクラッチ】とは何なのか?なぜプログラミング教育でよく使われるのか?

本記事ではScratch【スクラッチ】をあまりご存じではない方に向けて、概要を説明していきます。

Scratch【スクラッチ】って何?

無償のプログラミング言語

Scratch【スクラッチ】はアメリカにあるMIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボで開発された無償で提供するプログラミング言語です。

子どもたちがScratch【スクラッチ】を使ってゲームやアニメーションといったプログラムを作ることで以下の能力を学ぶことを目的としています。

  • 創造的に考えること
  • 強調して作業をすること
  • 系統立てて論理的に考えること

これらの能力を学ぶことで将来の仕事や生活に役立つことになります。

世界中で利用

Scratch【スクラッチ】は上記で記載した通りアメリカで開発された言語なのでベースは英語ですが、日本語も含む様々な言語に対応しています。子ども用に開発されているだけに日本語も「日本語」とすべてひらがなで表示されている「にほんご」を選択することができます。

またNHK教育の番組「Why!?プログラミング」では、Scratch【スクラッチ】を使って毎回与えられたテーマにあうものを作る番組として放送されています。

初めてこの番組を見たとき、Scratch【スクラッチ】は非常に簡単にプログラムを作ることができることや、子どもならではのアイデアに衝撃を受けました・・・。

Why!?プログラミング
https://www.nhk.or.jp/sougou/programming/

ビジュアルプログラミング言語

Scratch【スクラッチ】は、視覚的なオブジェクト(絵や図)を操作してプログラムを創作するビジュアルプログラミング言語になります。

この言語によるメリットは以下になります。

直感的な操作が可能なので習得が容易

一般的なプログラミング言語は、文字を記述していくことでプログラムを創っていきます。そのため、プログラミング言語ごとに決まった文法に沿って記述する必要があるので、使いこなせるようになるまで非常に時間がかかってしまいます。

それに対し、Scratch【スクラッチ】は視覚的なオブジェクト(絵や図)を操作してプログラムを創っていきます。そのため、見た目で操作していくことになるので、誰でもすぐにプログラムを作ることができます。

ゲーム感覚で楽しみながらの創作

最初からたくさんの絵や図が用意されており、オブジェクト一つで簡単にアニメーションをつけることができるなど、まるでゲームをしているかのような感覚でプログラムを作ることができます。

ただしデメリットもあります。

検索機能がない

テキストで記述されたプログラムであれば、大抵のエディタソフトには検索機能がついているので、簡単に目的の箇所にたどり着くことができます。

Scratch【スクラッチ】では、例えば「この動作をしているブロック」を探す場合には、目視で探すことになってしまいます。

修正が面倒

テキストで記述されたプログラムであれば、コードを書き換えるだけで簡単に修正することができます。

Scratch【スクラッチ】では、例えば「動作の順番を変えるとき」にはオブジェクトをつけたり外したりなどを行ったり、「動作内容を修正するとき」には最悪創り直しになったりするなど、修正が面倒な場合があります。

Scratch【スクラッチ】って誰が対象?

すべての年代が対象

将来の仕事や生活に役立つことを目的としているので8歳から16歳までの年代を対象としていますが、すべての年代の人々に利用されています。

16歳以上の大人は、プログラミングの基礎学習として活用することで、プログラムの作り方や仕組みを理解し、一般的なプログラミング言語の習得をスムーズにすることができます。

5歳から7歳までの小さな子ども向けに、より簡易的に扱うことができるScratchJr【スクラッチジュニア】があります。
「Scratch【スクラッチ】を使うにはまだ早いかな?」
と思うパパママは、まずはScrachJr【スクラッチジュニア】を使ってみてはいかがでしょうか?

Scratch【スクラッチ】ってどこで使えるの?

Scratch【スクラッチ】を使用できる場所に制限はありません。ただし、「オンライン版」と「オフライン版」で使用場所に違いが出てきます。

オンライン版

前提

使用する端末はインターネットに接続できる環境が必要です。最新バージョンを利用します。現在の最新バージョンは【3.0】です。

端末

以下の端末で利用することができます。

  • パソコン(Windows、MacOS)
  • タブレット
  • スマホ

子どもが直感的に操作できる「タブレット」をおすすめしたいところですが、マウスやキーボードを扱う処理があるので、これらの機能を使うのであれば「パソコン」を使用する必要があります。

スマホは画面が非常に小さいのであまりおすすめできません。

ブラウザ

使用することができるブラウザは以下になります。

  • Google Chrome
  • Safari
  • Firefox
  • Microsoft Edge

バージョン3.0以上では「Internet Explorer」は非対応ですので注意してください。

オフライン版

前提

インターネットに接続できない環境で使用するには、端末に Scratch【スクラッチ】 をインストールする必要があります。インストーラーは公式サイトからダウンロードすることができます。

同じバージョンを使用し続けたい場合は、オフライン版を使用します。「古いバージョン」または「同じバージョン」を使用し続けたいためにオフライン版を使用するケースがあります。

端末

以下の端末で利用することができます。

  • パソコン(Windows、MacOS)

上記に記載した通り、 Scratch【スクラッチ】 をインストールする必要があります。使用する際には、ブラウザではなくアプリケーション一覧から「 Scratch X.X(※X.Xにはバージョンが入ります)」を指定して使用します。

Scratch【スクラッチ】 ってどう使うの?

開始方法

オンライン版を前提に説明します。

  1. ブラウザを起動
  2. 公式サイトにアクセス(https://scratch.mit.edu/
  3. 上部メニューにある【作る】をクリック

これだけで Scratch【スクラッチ】 を使用することができます。

あとは左側にあるブロックを使って組み立てていくだけです。

ちなみにブロックの組み合わせが間違っていればプログラムは動かないわけですが、そのために使用している端末が壊れるようなことはもちろんありません。好きなようにブロックを配置し、好きなように動かしてみましょう。

猫を10歩動かすプログラムを作成する動画をご紹介します。

Scratch【スクラッチ】 をなぜ使うの?

論理的思考を身につけることができる

筋道を立ててざまざまなブロックを組み合わせていくことで、プログラムを作っていきます。自分がイメージしていること作り上げようと繰り返しブロックを組み立て行くことで、自然と論理的思考力を身につけることができます。

さまざまなプログラムを作ることができる

Scratch【スクラッチ】 では一般的なプログラム言語と同様に、さまざまなプログラムを作ることができます。

  • アクションやシューティングなどのゲーム
  • 漫画のようなアニメーション
  • 「 Raspberry Pi (ラズベリーパイ)」と連携したロボットプログラミング

何を作るかは「アイデア次第!!」になります。

終わりに

簡単ですが Scratch【スクラッチ】 の説明をしました。

Scratch【スクラッチ】 を始めるにあたりハードルが低く、誰でも利用することができます。何事もまずはやってみるのが一番です。

このサイトでは、マニュアルの代わりになるぐらいの Scratch【スクラッチ】 の詳細な説明、作成したプログラムを紹介する記事を今後書いていきますので、引き続きご覧ください。